基本の水やり|IN NATURAL ONLINE

基本の水やり~3つのポイント~

【インナチュラル公式通販サイト】基本の水やり~4つのポイント~


基本の水やり~3つのポイント~

植物を育てているお客様とお話しているとき、やはりよく聞かれるのは水やりの仕方。
「どれくらいのお水がいるのか?」
「頻度はどれくらいなのか?」
「霧吹きのお水は必要なの?」
長く一緒に過ごしたいからこそ生まれるその疑問がとてもうれしいです。
基本的な水やり方法をマスターして、ともに人生を送る長いパートナーとして接してあげてくださいね。

水やりは日々のお手入れで最も大切なお手入れのひとつです。
そして、植物を枯らしてしまう一番の原因でもあります。
水の量はどのくらい?タイミングは?
そんな疑問が解決するポイントを3つにまとめました。

1.タイミングは土の表面が乾いて数日たってから
水やりのタイミングは「土の表面が乾いてから」とよく言われますが、土の中はまだ湿っている場合がほとんどです。
中まで乾くまで待つのがポイント。
土の中がいつも湿っていると根腐れの原因となります。
メリハリのある水やりを心がけましょう。

2.量は鉢底から流れるくらいたっぷりと
表面の土の下まで乾いているのを確認したら、水やりをします。
水の量が少ないと、根が十分に水を吸収できずに枯れてしまいますので、鉢底から水が流れ出るくらいの量を目安にして与えましょう。
一カ所に集中して水を与えるのではなく、鉢全体に水がしみこんでいくようにハス口が付いたジョウロで水やりするのをおすすめします。

3.霧吹きで葉水を与える
生き生きとした葉を保つためには、根から吸い上げるだけでなく、葉にも潤いを与えることが大切です。
霧吹きで葉や茎に水を与えることを「葉水」といい、病害虫を防ぐ効果もあります。

植物それぞれに好む環境が違います。
植物を育てるうえで一番大切なのは、日々植物の観察をすることです。
水が好きなタイプには頻度を多めに、乾燥気味が好きなタイプには水やりの間隔をあけて…
葉や土の状態をしっかり見極めて、小さな変化に気が付いてあげてくださいね。

>おすすめの水やりアイテム、ガーデニングツール
>初心者でも安心。土の中の状態がわかる⁉水分計『サスティー

ブログに戻る

コメントを残す