室内で植物を育てるポイント|IN NATURAL ONLINE

室内で植物を育てる4つのポイント

【インナチュラル公式通販サイト】室内で植物を育てる4つのポイント

室内で植物を育てる4つのポイント

育て方のポイントを知っておくと、上手に観葉植物を育てることができ、植物といつまでも共に過ごすことができます。
今回は育てていく際の基本となる4つのポイントをご紹介いたします。

1.水やりについて
土の表面が乾いてからお水をあげるのが基本的なタイミング。しっかりと乾いてから水をあげ、土の状態にメリハリをつけます。
『水の量は鉢底から流れ出るくらい』
たくさんの水を与えると、土の中の古い空気を押し出し、新鮮な空気と入れ替えできます。

2.日光について
耐陰性がある観葉植物もありますが、多くは日光を好みますので、朝から夕方にかけて日当たりの良い場所に置いてあげましょう。
強い直射日光は葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越しの柔らかい日差しがおすすめです。

3.温度について
植物によって耐寒性、耐暑性がさまざまです。
しかしほとんどの観葉植物は、通年気温の高い国の原産です。
基本的には冬場は窓の近くを避け、室内の暖かい場所に置いてあげましょう。気温の変化(寒暖差)が激しい環境は植物にとっても住みにくい環境です。

4.風通しについて
室内で育てる場合は風通しを良くすることが大切です。
サーキュレーターなどで部屋の空気を動かして入れ替えするのも良いでしょう。風通しが悪いと、害虫がついたり、カビが発生したりします。
しかし、エアコンなどの直風が当たり続けるのは植物には負担となりますので注意が必要です。


観葉植物の多くは、海外の暖かい気候が原産のものが多いです。
ですので、四季のある日本で、さらに室内で育てるのにいくつかのポイントを抑えて置く必要があります。
毎日お世話をして、コツさえ掴めば簡単なものなので、ぜひ挑戦してみてください。

>リビングにおすすめの植物

>ビギナーにおすすめの植物

ブログに戻る

コメントを残す